商品柑橘(箱売り)全商品

伊予柑【3・5・10Kg】

itemiyokan

伊予柑【3Kg】【5Kg】【10Kg】取扱時期→1月中旬から2月末

伊予柑の実

伊予柑の説明

伊予柑の実伊予柑の木伊予柑のイメージ

 愛媛県宇和島市吉田町は柑橘類の生産の盛んな地域で、毎年旬の時期にのみ柑橘農家さんから直接仕入れ、販売をしています。

 伊予柑の取扱い時期は、1月中旬から2月末頃迄とさせていただいていますが、2月上 旬以降が特に食べ頃の時期となります。 

 愛媛県で生産されている伊予柑のほとんどが「宮内伊予柑」になります。爽やかな香りで甘みが強く酸味は控えめで、甘酸のバランスがよく、果肉はやわらかくとてもジューシーな味わいで、体がビタミンCと水分を求めるお風呂上りやスポーツ後に、一層美味しくお召し上がりいただけます。す。果実は比較的大きいですが、手で皮が簡単にむけるのも魅力です。量がたくさんあるときは、ジャムやシロップ漬けにするのもおススメです。 
 3㎏・5㎏・10㎏と3種類ご用意しております。 
 3㎏の個数の目安は10個~12個前後、5㎏の個数の目安は18個~20個前後程度、10㎏の個数の目安は40個~43個前後になります。

果皮 手で簡単に向けます
厚く、口に残りますので、そのままでも食べられなくはありませんが、気になる方は袋をむいてお召し上がりください
ありませんが、稀に少量ある場合があります

 保存方法は、直射日光や暖房を避け、風通しのよい冷暗所で保存します。伊予柑の日持ちは購入時の状態にもよりますが、1週間~10日くらいが目安となります。酸味が強い場合は、数日おいて置くと酸味が少しやわらぎますが、徐々に水分が減って食味が落ちていくので、なるべく早く食べることをおススメします。より日持ちさせたい場合は乾燥を防ぐためにポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存してください。

 箱での発送となりますので、ふたを開けておいてください。傷んでいるものがあれば取り出しておきます。そのままにしておくと周囲の果実も傷んでしまうので注意してください。

 少し面倒ですが、一度すべて取り出して、下から新聞紙→果実→新聞紙→果実→新聞紙のように重ねて(2~3段)おくと日持ちがよくなります。

 

伊予柑の取扱時期

 伊予柑の取扱い時期は、1月中旬から2月末頃迄とさせていただいていますが、2月上旬以降が特に食べ頃の時期となります。

 

 

【柑橘類】送料一覧

北海道 1,200円
東北(青森・秋田・山形・岩手・宮城・福島) 200円
信越・関東(栃木・茨城・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・山梨・長野) 無料
北陸・中部(富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重) 無料
近畿(京都・大阪・滋賀・奈良・和歌山・兵庫) 無料
中国(岡山・広島・鳥取・島根・山口) 無料
四国(香川・徳島・愛媛・高知) 無料
九州(福岡・熊本・佐賀・長崎・大分・鹿児島・宮崎) 無料
沖縄 1,250円

 

注文番号 タイトル 販売価格
在庫状態 数量 単位  
itemiyokan-3kg 伊予柑3Kg ¥2,200
売り切れ 売り切れ
itemiyokan-5kg 伊予柑5Kg ¥3,000
売り切れ 売り切れ
itemiyokan-10kg 伊予柑10Kg ¥4,800
売り切れ 売り切れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

←前のページに戻る